ANADEC

AREVA ATOX D&D SOLUTIONS Co., Ltd.

サービス案内

D&Dプロジェクトにおける海外の最先端の技術を日本へ

ANADECは、AREVAの持つ高度で実績のある技術を日本国内の現場に適した仕様にカスタマイズするとともに、ATOXの現場実践力を最大限に活用することで、D&Dプロジェクトにおいて、これまでの国内技術では困難な課題をスピーディーかつ、効率よく解決してまいります。
そして、この優位性を最大限に発揮してお客様のニーズに適った技術を開発してまいります 。

SERVICE 1高度な技術とオペレーションの提供

ANADECは、高度な技術を現場に導入し、かつ、経験豊富な現場力を融合させ、最高のオペレーションを実践いたします。これこそがANADECの最も大きな強みであり、お客様のご要望・ご期待に最高のパフォーマンスで応えてまいります。

  • 除染、遮へいなどの
    線量低減技術
  • 高放射線量率下の
    遠隔調査技術
  • 解体、切断などの
    廃止措置関連技術
  • その他、D&Dの諸技術

SERVICE 2廃炉プロジェクトへのサポート

ANADECは、国内の原子力発電所や原子力施設の廃止措置計画において、海外での廃炉作業を通して得た豊富な経験が必ず役立つものと確信し、廃止措置工程の計画から実作業にわたる有益な情報・技術の紹介を通じて、廃炉プロジェクトに携わる皆様と連携して国内廃止措置を確実に進めてまいります。

Case Study海水浄化技術新型

海水中における、主として放射性Cs,Srの浄化除去性能を検証するため、実証試験を実施しました。(資源エネルギー庁による平成25年度補正予算「廃炉・汚染水対策事業費補助金(海水浄化技術に関する検証事業)」として実施。)
実績のある浄化装置(NYMPHEA)を基盤として、新型吸着材を試作し、ホット試験を行うことで海水環境下でのCs,Srの効果的な吸着工法を確立しました。この技術を活用して、今後も福島の復興に貢献していきます。

Case Study土壌中放射性物質浄化技術

浸透式反応性バリア(Permeable Reactive Barrier, PRB)による放射性ストロンチウム(Sr)の捕集性能を検証するため、捕集性能試験を実施しました。(資源エネルギー庁による平成25年度補正予算「廃炉・汚染水対策事業費補助金(土壌中放射性物質捕集技術検証事業)」として実施。)
福島第一原子力発電所の土壌への適用性を評価し、有効性を確認しました。この技術を活用して、今後も福島の復興に貢献していきます。

Case Study燃料デブリ取出し代替工法の概念検討

福島第一原子力発電所の状況を踏まえ、気中において燃料デブリ取出しを行う工法の概念検討を目的としてAREVAの豊富な廃止措置の経験とATOXの福島第一での現場経験を活用してシナリオを構築しました。(資源エネルギー庁による平成25年度補正予算「廃炉・汚染水対策事業費補助金(燃料デブリ取出し代替工法の概念検討事業)」として実施。)
この成果を活用して、今後も福島の復興に貢献していきます。

ページトップへ

アナデックは、(株)アトックスと
フランスの原子炉メーカー、アレバの合弁会社です。

Copyright© 2016 AREVA ATOX D&D SOLUTIONS. All Rights Reserved.